2017年10月13日

3回目の

29000100010.jpg


気づけば朝から、家族でジュジュの話をしていました

断捨離中でも、ジュジュが一生懸命持って帰ってきた

たくさんの大きな石は、ここにあるからね 
 

ニックネーム teddyjudy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

じゅじゅ

29000800020 01.jpg

8月20日 ジュディ17回目のお誕生日ですそして、箱入り息子のテディがパパになった日

29000800020 02.jpg

11頭兄弟のうち3頭が男の子 その中の1頭がジュディでした



兄弟の中で一番長生きしてくれました

29000800020 03.jpg

お母さんの頭に乗っけてもらった白い子が

テディと同じ深い毛色に…

judy.jpg

ブサカワがたまらなく愛しくて

本当に可愛い子でした

juju.jpg

いつの間にか、カブの優しいお兄ちゃんになってくれました

27000100013 1.jpg

可愛い可愛いジュジュ…お誕生日おめでとう

会いたい

なでたい

匂いたい

名前を呼びたい

ニックネーム teddyjudy at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

ジュディ

28000100013 05.jpg

2年前は嵐だったけど

今日はちょっとだけ曇り空

28000100013 01.jpg

2年前は、涙がとまらなかったけど

今日は朝からお仕事でバタバタ

28000100013 02.jpg

夏が終わった頃から、時間が戻ったり進んだり・・・


2年経って、


ジュディがいないことを 当たり前に感じるというより

2年経ってもなお ちゃんとここにいてくれるのを感じます

28000100013 03.jpg

「ジュディ・・・カブはジュジュと同じ場所で

イヤイヤって動かなくなるよ

おかしいくらい似ていて、笑えるんだ

知らない間にたくさんのことを、カブに伝えていたんだねぇ」


28000100013 04.jpg

可愛い可愛いジュジュ

ゆったりとした時間  ちょっと硬い毛並み


「おしっこいくよ」の声が聞こえなかったから

いつもお鼻の上をポンポンってするとびっくりしてたジュジュ

会いたいなぁ

28000100013.jpg

やだぁやっぱり可愛い可愛い・・・可愛いなぁジュジュ
ニックネーム teddyjudy at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

ジュディ

27000100013.jpg


ジュジュがお空にいって、今日で一年です

マロン&チョコちゃんのお姉ちゃんが、お花を届けてくれました




この一年は、去年の時間と重ね合わせながら

過ごしてきました

去年の今頃はああだったこうだった・・・ってね



四月が過ぎ、ジジババと一緒に大阪にも行けるくらい元気だったジュディ

簡単に14歳が迎えられるって信じていました

夏がやってきて・・・意外にも冷夏だったものの

それでも14歳前のジュディにはしんどかったのかなぁ

あこがれの金のちゃんちゃんこを着ても

座っていることができないくらい、急に体力が落ち

どうにか14歳になれたって感じでした

そこからは、もうジュディの生きる力に任せるだけ


でも本当は、8月、9月、10月

私たち家族のために必死で生きていてくれたんだと思います

できるだけたくさん川に行って遊び、写真を撮って

そんな時、ジュジュは奇跡のように元気な姿をたくさん見せてくれました

私に後悔がないよう過ごさせてくれた・・・ジュディの愛に溢れた時間


ちゃんと私の休みの日を選んで

なんでもない日にお空に還ったジュディ


あの日、外は台風の風が吹き荒れてたのに

今日は真っ青な空が広がっています



そして・・・一年経って、ようやくちゃんと届出を出してきました



27000100013 1.jpg


ジュジュって呼んだら、今日くらい帰っておいでよ


ニックネーム teddyjudy at 22:15| Comment(8) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

15回目の・・・

8月20日

広島は未明から祈りの日です

去年と同じように雨が降って、被災された方はどんな思いで

夜を過ごされたんでしょうか




そして今日は、我が家の大切な大切な宝物のジュディの誕生日

生まれてきてくれて、ありがとうの日です

去年がジュディと一緒にお祝いした最後の誕生日

14歳なんて簡単に迎えられる勢いだったのに

少し前から体調は悪かったんだと思います


27000800020.jpg

あこがれの金のちゃんちゃんこを着てのお祝いも

伏せてるのがやっとだったね

この日を境に弱ってしまったけど

ジュディの大好きな川に行くと、「ほら、わし元気じゃけぇ」と

言わんばかりの頑張りを見せてくれて

秋にはコスモスを一緒に見てくれたジュディ

きっと去年のこの日から、最期の瞬間まで

私たち家族のためだけに必死で生きてくれたんだね

27000800020 01.jpg

ジュディ、ありがとう




ジュディの15回目のお誕生日をお祝いして

27000800020 02.jpg

小さなお星様のケーキを作りました

27000800020 03.jpg

「にぃちゃん、ケーキいただきました」by Cub
ニックネーム teddyjudy at 21:33| Comment(4) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

9ヶ月

お姉ちゃんが夕方のお散歩に行ってくれました

その時、知らない女の人に

「あら?もう一匹はおうちでお留守番?」って

聞かれたそうです

ジュディのことを話すと

「2匹でお散歩するのが可愛かったから淋しいね

 2匹で一緒にいることで、元気でいれるそうよ」って

そう言ってくださったそうです



そしてカブは「いい子ね いい子ね」と

褒めてもらったようです


普通なら言葉を交わすことのないはずの人の心の中にも

ジュディがいたんだ・・・と思うと幸せなことだと思います

27000700013.jpg


9回目の月命日、これから始まる夏の暑さは

ジュディがいたら辛かったかなぁと思うそんな日でした

げぇはぁげぇはぁ〜ジュディの息遣いが聞こえそうです


ニックネーム teddyjudy at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

8ヶ月

27000600013 02.jpg

ジュジュ・・・どうしていますか?

毎日フレンディを乗り回して、

テディと一緒に大好きな川まで遊びに行ってる頃ですか?


ママはいつもカブと一緒に歩いています

ジュジュが大好きだった田んぼの道

田植えが終わったばかりの水面に、

ツバメが飛んでいますよ

今日はたくさんのおたまじゃくしを見つけました



27000600013 01.jpg

「ジュジュがいた時と変わらないよ」って言ってあげたいけれど



27000600013 03.jpg

カブだけで映る写真の後ろに見える風景は

1年前と少し違っています

田んぼが減ってしまって、アパートが何棟か建ち始めています

ジュジュがいた景色が変わってしまうのは仕方ないことだけど

淋しいです


27000600013 04.jpg

ジュジュ・・・カブはがんばってくれていますよ

ママたちがさみしくないように、悲しまないように、と

いつもそばにいてくれますよ


270006900013 06.jpg

ジュジュが教えてくれた教えもしっかり守っています


27000600013 05.jpg

愛するジュディ


27000600013.jpg

可愛い可愛いジュディ・・・今もあの息遣いが耳に残っています
ニックネーム teddyjudy at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

7ヶ月

27000500013.jpg


去年の今日は、こんな笑顔で並んで写っていたんだね

いろんな思いが蘇る月命日

時間が経って改めて思うこともあります

前に進んでいるようで、前に進めず止まったままの時間もそこにあります

ジュディ・・・今日はジュディを思うだけで鼻がツーンと痛くなってしまいました





クリスマスイヴにお空にいったテディジュジュ号



我が家には新入りのテディジュジュ号がやってきてます


1010.jpg


ナンバーはテディジュジュ

ニックネーム teddyjudy at 21:57| Comment(8) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

6ヶ月

270000400013.jpg


ジュジュって呼びたい

ニックネーム teddyjudy at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

4ヶ月

2600020092003.jpg


   約1年前の2月のジュディ

可愛い可愛い可愛いジュディ

今もそこにいるよう

ジュディ

ニックネーム teddyjudy at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

2ヶ月

ジュディが飛び立ってから、今日で2ヶ月です

気がつくと

どこを歩いても、ジュディと一緒に歩いた道で

家族で話す会話に、ジュディが出てこないことはありません

我が家のお笑い担当、ブサイクがチャームポイントの

可愛い可愛いジュジュが

いつの間にか、全てを悟った域に到達したような

優しいお顔になって、私たち家族の中心にドンと座っていました

そして、14年と1ヶ月と23日をしっかり命を生ききって、

なんでもない日を

忘れられない「ジュディの日」にして、駆け上っていきました

ジュディの写真を見ると、今でもここにいるようで

ジュディと同じ笑顔になって、それから

「可愛かったね」と話します

トットはいつも「ジュジュは可愛かったのぉ〜ほんま可愛かったのぉ」と

少し声を詰まらせながら言います

そして「カブも可愛いのぉ!お前もほんまに可愛いのぉ」と

カブを抱きしめます

ジュディ...聞こえてる?トットと ママの声が・・・

「ずっとず〜っと大好きだよ」



去年の10月の写真です

260001200013 04.jpg

ほら〜誰でも笑顔になるような ジュディの大きなお顔と

さんかくのお目々


260001200013 01.jpg

しょぼいしっぽ


260001200013 03.jpg

やばいよ・・・可愛すぎる

260001200013 02.jpg

この1年後、もうジュディは

私の前には、
いないんだよ

でもね、ジュディ〜ずっとずっと一緒だからね



寒くなったら、ジュディとくっついて寝てたカブ

ひとりで頑張ってます

カブは車が苦手だったのに

ジュジュに車の楽しみを教わって

260001200013 05.jpg

こんなに窓からお顔を出すようになりました

260001200013 06.jpg

ジュジュの分も風を感じているように・・・

「にぃちゃんがこうするんよって言ったんよ」

ニックネーム teddyjudy at 22:19| Comment(6) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

おかえりなさい

260001100030-01.jpg

今日は、ジュディの四十九日でした

日曜日を選んで

こんなきれいな空の下で

清らかな気持ちで、この日を迎えさせてくれたジュディ


260001100030-08.jpg

テディの時に感じた深い悲しみや後悔や、

まだまだやり残した多くの想いを、どこにぶつけたらいいのか

わからなかったやりきれなさを

ジュディは、少しも感じさせませんでした

260001100030-02.jpg

それは、ジュディの笑顔が優しかったから

思い残すことなく、ふわっと旅立ったと信じられるから

260001100030-07.jpg

「ありがとう」の気持ちをいっぱい伝えて

四十九日過ごすことができました

ありがとう〜ジュディ

これから、ジュディを受け継いだカブと歩いていくよ

260001100030-03.jpg

ジュディが教えてくれたたくさんの優しさを

からだじゅうでカブは繋いでくれてるから

安心してこの広い広い空を飛び回ってね



家に帰ると

可愛いジュディが箱に入って我が家に帰ってきてくれました


260001100030-05.jpg

とろけるような可愛い可愛い笑顔と

260001100030-06.jpg

大好きな石をお土産に!


元気だった頃の大きなお背中

濃いきらきらの毛色もそのままに

きっとこんな元気な体に戻って

お空だって駆けてるんだよね

川を泳いでるんだよね

またジュディを抱きしめることができたようで

本当にしあわせでした


260001100030-04.jpg

おかえりなさいジュディ・・・ずっと一緒だよ

                  この日に合わせて
                  贈ってくださったあいラブyouママさん
                   心から感謝しています





ジュディのための
沢山のお心遣いのお礼もまだできないでいます
どうぞ、お許しください

ニックネーム teddyjudy at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

一ヶ月

あれから1ヶ月

もう随分長く会っていないね、ジュディ

ジュディはあの日、ふわっと気持ちよく目を閉じたから

ジュディがいないことを不自然には思わない

その一方で

ジュディがいないことが不思議で仕方ない

いつも心の中はあっちとこっちを向いている


ずっと永遠に生きることなんて、誰にもできないのだから

これ以上は望めなかったことは わかっているよ

だけど会いたい



26000110013 01.jpg


会いたいよ・・・ジュジュ

ニックネーム teddyjudy at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

ブログに寄せられる優しいコメントや

mixなどへのメッセージに慰められ、

読み返しては涙が出ます

それでも、普通に仕事に出かけ、普通にご飯もしっかりいただき

普通に「つむつむ」なんかできたりして

そして

カブとふたりっきりのお散歩には、ジュディの面影を重ねています




それなのに、昨夜は寝る前にふと

「なんでジュディがいないの?」

「この前までお散歩行けたじゃない」

「車に乗っていつもみたいに窓に鼻をくっつけて

      風の匂いをかいでたじゃない」

そんな気持ちがあふれてしまいました

ちゃんと納得して見送ったのに

情けないなぁ


そんな思いのままで眠ったら

あの日から11日め

ジュディがしっぽブンブンで、私の前を走り抜けました

全く振返りもしないで

楽しそうに全速力で・・・

「ジュジュ〜ジュジュ〜ジュジュ〜」って

何度も何度も悲しいくらい叫んだのに・・・

帰ってきてくれませんでした



朝起きてトットに一番に話したら

「良かったね!ジュディは走ってたんだ

   ジュディらしいじゃないか」って笑ってました


26000100023.jpg


そうなんだ・・・

もう全速力で走れるんだよね

楽しいんだよね

それを伝えに来てくれたんだよね

ジュジュ・・・


ニックネーム teddyjudy at 09:09| Comment(4) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

ジュディ

ジュディ

14年と1ヶ月と23日の素晴らしい時間を

私たちのために生きてくれた可愛い可愛い子です

テディが亡くなった後、

一生懸命私たちを支え 笑いをいっぱいくれました

そんな大切な大切なジュディは

10月13日pm2:30 テディのもとに逝きました


それは全てジュディの筋書き通りで、潔さのあふれるものでした


ジュディは14歳になれたから、ブログの中のお友達には

心配かけずにそっと旅立させてあげようと思っていました

でも、こんなに私たちのための時間を生きてくれた一日一日を

伝えたいと思いました

話したいと思いました

どうぞ聞いてください



ジュディは14歳を前に本当に元気でした

まぶたが下がってきて、痛みがひどく目を開けれなかったときも

色々試した薬の中で痛み止めの薬が合って、痛みはかなり緩和していました

関西のお友達にいただいたお守りのお陰もあって

涙のシミのできたお顔も随分綺麗になりました

ジュディはいつも病気を乗り越えてくれる!

ジュディは強い子だ!そう思ったものです

14歳の壁も簡単に乗り越え、15歳も夢ではないかもしれないとさえ

感じていたのも事実です



それが、お誕生日の2週間ほど前に、散歩中発作で倒れました

14歳を迎えることは簡単ではないことを知りました

頭の中で何かが起こっている・・・その診断は、結果を出すには至りませんでした。

年齢を考え、このまま自然のままで過ごすことを決めたのです


その日からジュディの身体はどんどん変わってきたように思います

そして、その日から私たちの本当の覚悟と

心の準備がスタートしたんだと思います

もうお散歩はいけないかも・・・そんな心配をよそに

ジュディは歩いてくれるようになりました

初めてお盆のお墓参りにも一緒に行きました

そのあとでした 急にジュディの目の周りがひどい状態になったのです

腫れ上がって目もあきませんでした

完全にジュディの目には、光が消えたのかと思いました

この時のカブの存在は大きく、カブの後をジュディは一歩一歩歩き

庭でおしっこもできたんです

でもここからジュディは一気に体力が落ちたように思います

伏せてることが多くなって、お誕生日の大切な写真も

お座りしてくれませんでした(ケーキタイムでは立ち上がってくれましたけど)


ジュディは行きたい時だけお散歩行ってあげよう

とカブの一人っ子散歩も増えました

今思えば、私がそれに慣れるように

カブがジュディがいないくてもお散歩行けるように

この日のための練習だったんだと思います

あの日テディがジュディに練習の時間をくれたように・・・


目の具合も少しづつ良くなって、またひとつ乗り越えてくれたと思ってた矢先でした

いつものようにお薬をもらいに行くだけの病院に

私は仕事で行けずに、トットとおねえちゃんに任せました

そこで告げられた言葉は「悪性リンパ腫」

余命は2ヶ月、ステロイド治療で3ヶ月、抗癌剤治療で半年

予期せぬ診断に目の前が真っ暗でした

このところのジュディの具合は心配で、

「大丈夫かのぉ」とトットは不安がっていました

でもまさかこんな短い期限を告げられるとは

こんな病名を告げられるとは

いつも病院には通っていたのに・・・そう思う反面

どこかでこれは寿命なんだ ここまで本当に元気で頑張ってくれた

そう思わなきゃいけないという気持ちは家族みんな同じでした

その日からの私の願いはふたつ

ジュディが苦しみませんように!

必ず私の腕の中で逝きますように!

私の命が短くなってもいいからそれだけは叶えてくださいと

胸を締め付けられる中で祈りました


病名を告げられた翌日、偶然にもトットと二人で思ったことは

「大好きな川に連れて行ってあげよう」でした

琵琶湖までの往復の車中も ずっと立っていたジュディが

時々伏せるようになっていたのに、川に向かう車の中では

立っていました

長い川までの道をジュディは走りました

「これが最後かもしれない」そう心によぎる言葉を打ち消してくれるように・・・




あと何回元気な日曜日を過ごせるだろう


お姉ちゃんは、日曜日の休みを

ジュディのために使ってくれるようになりました


次の日曜日は 9月の終わりなのにとても暑かったので

コスモスを見に行くのを延期して

思い出の川に行きました

そこでの忘れられない光景が今でも目に焼きついています


いつもマイペースなジュディが、しっぽをブンブン振って

座ってるお姉ちゃんの方へ近づいて行ったのです

26000100022 02.jpg

お姉ちゃんのことがはっきり見えたように

嬉しそうに・・・


そして、どんどん歩いて私たちから離れていきました

26000100022 01.jpg

ずっと向こうまでちょこちょこ走っていく後ろ姿を見送ると

このままいってしまうようで

涙が出そうでした

こんな風にジュディはちょこちょこ歩きながら

私たちの元を旅立つんだろうな・・・と



病気なんて嘘のように、元気なジュディでした

もしかしたら、余命なんて吹っ飛ばして

「病気でも、こんな長生きできた子もいたんだよ」って言ってもらえるように

私たちと一緒にいてくれるかもしれない・・・そう思いたかった



10月の最初の土曜日は綺麗な空でした

私の仕事がなかったら、ドライブに行けたのに

翌日の予報は雨・・・大切な時間が無意味に終わってしまう

そう思うと悔しくて悔しくて

そんな思いを察してか、翌日午前中は雨が降るのを待ってくれ

朝早くからコスモスを見に行きました

26000100022 05.jpg


ひとつひとつの思いが通じたように

そんな時のジュディは見違えるように元気に

しっかりとした足取りで歩いてくれました

家ではずっと寝たままで、おしっこに出るのも嫌で

1日2回行くかどうかのおしっこタイムだったのに

休日の家族の時間は元気でいてくれました


病気を小姉ちゃんに知らせたとき

小姉ちゃんがブログにこんなコメントを残してくれていました

n.png


これはブログに反映しませんでした

私の宝物にしようと


でもこの小姉ちゃんの言葉で私は知らされたんです

ジュディのためにと思ってするすべてのことは

実は私自身のためなんだと

自分のエゴを感じ、ジュディの優しさを教えられました

わんこはみんなそうなんです

人の心を汲み取って、自分のことより人のことを一番に

家族が幸せだったり笑っていたり

それだけ願って頑張ってくれてるんだ と

それを思い知らされた小姉ちゃんの言葉でした



そして、大阪にいる小姉ちゃんがジュディに会いに帰省してくれた時間は

本当にジュディと過ごす最後の時間でした

翌週なら私が土曜日も休みを取ってたので

1週間遅らせるように言おうか・・・と思ったのですが

元気なうちに会わせておかないと後悔してはいけないと

頭をよぎったのです

そんなにジュディの容態が悪かったわけではなかったのに


元気な小姉ちゃんの帰省は、私にも元気をくれました

不安を吹き飛ばしてくれるようでした

土曜日に私の仕事が終わるのをまって

お弁当を持って近くの川沿いに出掛けました

2時過ぎの遅いお弁当も構わないくらい楽しい時間でした

ジュディが歩いてくれて

笑ってくれて、たくさんたくさん写真を撮りました

家族写真を笑って残しました

260001000.jpg

お姉ちゃんと小姉ちゃんがジュディにいっぱいの

いっぱいの愛を注入してくれて

ジュディは嬉しそうにしてくれました

この日のどの写真を見てもジュディは笑っていました

優しい優しい笑顔でした

26000100022.jpg



でも本当にその時間が

ジュディの最後に元気な時間となってしまいました




12日の日曜日 ドッグフードを一口も食べませんでした

顔を背け、もう立ち上がることもできませんでした

それでも時々顔を起こしてキョロキョロする姿は可愛くって

火曜日に予約の病院に行くまで「頑張れる」と疑いませんでした

そう信じたかった



ミク友さんにいただいたおやつのクッキーと

フードと一緒に食べさせてあげようと茹でておいたキャベツ

何も食べなかったジュディが

私の手から食べてくれたのが最後でした


台風が来る前に大阪に小姉ちゃんが帰って行きました

「今度はお正月に帰るから待っててね」とジュディに言って



13日月曜日 体育の日で休日だったのは私とお姉ちゃん

外は台風の風がひどい日でした

おしっこをしなくなって2日目

2日目に食べたきりのフードを吐いて、その時溜まったおしっこを

しっかり出しました

バスタオルで体を拭きながら、「楽になったね」と安心しました

でもわかっていました

最期の日のテディに何から何まで似ていました

それを打ち消したくて「大丈夫大丈夫」と思い続けました


どうやってジュディが玄関に行ったのかはわかりませんが

玄関で伏せたままのジュディが

ピーと三回なきました

長く聞いたことがなかったジュディの声でした

「大丈夫よ大丈夫よ」吐きそうなジュディを抱きしめ体を

撫でていると、小さな小さな息をして 体をギュッと硬直させたまま

スッとジュディが逝ってしまいました

それは気づかないくらいあっという間でした

あまりに一瞬のお別れでした


発作が起きて2ヶ月ちょっと

ジュディは家族のために、立ち上がって 歩いて 笑顔を見せて

私たちがしてあげたいと思うすべてを叶えてくれました

そして、苦しまないように!

私の上の中で逝くように!

その願いもきいて、ジュディの決めた日に見事に逝きました




トットはテディが亡くなって

ジュディを本当に可愛がっていて

男同士の固い絆で結ばれていました

この数ヶ月は仕事から帰ってすぐに家にも入らず

ジュディが乗りたがる車に乗せて、ドライブして近くの公園を歩いてくれました

乗り降りできなかった日は抱っこして・・・



トットの仕事が仕事で抜けられない日を

選んだのはジュディの優しさでしょう

とんぼ帰りで帰省してくれた小姉ちゃんの運転で

お姉ちゃんと私と三人でジュディを送りました




テディが逝ってしまったときは

テディへの想いや やり残したことが多すぎて

途中で断ち切られた気持ちが長いあいだ封印され、

写真も見れない・・・名前も呼べない・・・そんな毎日でした

ジュディは、その存在の大きさと

テディがジュディの中に生きて多分、その喪失感は

体の半分無くしたような、

テディとジュディと過ごした私の時代が終わったような

さみしさでいっぱいですが

ジュディができる全てのことを私にしてくれたのがわかるから

「もう充分だよ」

「心からありがとう」 そう思えます

心はジュディの全てで満たされています

姿が見えないのに、体中でジュディを感じています

毎日毎日ジュディの話が尽きません

そして「ジュディは可愛かったのぉ」とトットは言います

優しい笑顔が世界一可愛いジュディです

大好きなジュデイ ずっとずっと一緒だよ




ニックネーム teddyjudy at 10:52| Comment(10) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

花にかこまれて

maron&choco.jpg

今日はジュディの初七日でした

ayachan.jpg

あの日、家の外は、台風の風が強く吹いていたのに

我が家だけが静かな時間だったような気がします

anne.jpg

突然のジュディの訃報に、

駆けつけてくれたお友達がいて

Beerundy.jpg

お電話の向こうで、一緒に泣いてくれたお友達がいて

marokuriserun.jpg

メールやLINEで優しい言葉をかけてくれたお友達がいて

max&rain.jpg

そしてこんなにお花を届けてくれたたくさんのお友達がいて・・・

norisan.jpg

たくさんの人がこうしてジュディを想ってくださったことが

本当に嬉しかったです

rarufu.jpg

14歳と1ヶ月と23日を生き抜いてくれたジュディ

ruby&momo.jpg

年を重ねるごとに愛おしく愛おしくなりました

sakura.jpg

可愛くて可愛くて・・・可愛くて

hoizar.jpg

残された時間がもう少ししかないとわかった時から

失うのが怖くて仕方ありませんでした

nakamura.jpg

ジュディの優しいお顔を見ていたら、涙が溢れ

抱きしめては、涙が溢れ

結局私は、ジュディに何もしてあげられなかったんです

loveai.jpg

ジュディは、私の願いを全部叶えてくれたのに・・・

nanako.jpg

ブログのコメントもまだお返しできていません

ごめんなさい

私たち家族にとって、ジュディの存在は大きすぎました



ジュディのためにいただいた たくさんの美しいお花に囲まれ

私たち家族は慰められています

ありがとうございました

jody.jpg

ジュジュ 大好き

ニックネーム teddyjudy at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

ありがとう

IMG_5967m7n.jpg


愛をいっぱいいっぱい
もらって
ジュディは逝きました。
14歳と1ヶ月23日
今とっても安らかに
眠っています。
可愛がってくれてありがとう

ニックネーム teddyjudy at 18:55| Comment(19) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

日向ぼっこ

母が8月末に股関節の手術で入院しました

行ける日は病院に顔を出し

残された父と食事をする毎日

こんなに父とふたりっきりで話した時間があっただろうか

そんな風に感じています



そんなこんなで、平日可愛いBoysとの時間が本当に少なくなりました

でも、今日は私の歯医者の日だったので

少し家にいる時間が取れました

26000100007.jpg


(写真は今日のではないけれど)

ジュディと日向ぼっこの時間

お日さまの光がいっぱいジュディに注いで

元気がいっぱいあふれますように!


あぁ早く母が退院してくれないかなぁ〜〜〜
ニックネーム teddyjudy at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

金のちゃんちゃんこ

最高16歳のご長寿ゴールデン様が

着用されたという「金のちゃんちゃんこ」

2600080020 001.jpg

去年のお誕生日に「赤いちゃんちゃんこ」を着せてもらってから

14歳のお誕生日は「金のちゃんちゃんこ」で

お祝いを!!そう決めていました

P太郎ママさんありがとうございました

2600080020 07.jpg

金のちゃんちゃんこに、袖を通します

2600080020 004.jpg

めでたいめでたい!


2600080020 08.jpg

14歳・・・ジュディはどんなおじいちゃんになるんだろうって

想像してた以上に

昨日より今日が可愛くて

今日より明日がもっと愛おしい


2600080020 002.jpg

カブもおじいちゃんになるんだよ

絶対絶対おじいちゃんになって、金のちゃんちゃんこ着ようね

2600080020 005.jpg

明日になれば、14歳と一日目を一緒に過ごせるシアワセ

2600080020 003.jpg

そんなシアワセをゆっくりのんびり感じ続けていきたい

ニックネーム teddyjudy at 23:42| Comment(12) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14歳

2600080020 01.jpg

昨晩からの集中的な雷雨で、広島が大変なことになってしまいました

といっても、一部の地域で、私の住む街は被害は出ていません

ニュースを見る度に、被害が明らかになり、広島に住む私でさえ

驚いていています

身近な地名がテレビで放送され、その映像は悲惨です

母の友人は未だに連絡が取れていません

たくさんの犠牲者が出てしまって、

未だに行方不明の方もいらっしゃいます

どうかこれ以上犠牲者が出ませんようにと祈るばかりです

こんな日に

ブログを更新するのはどうかと思いましたが

どうぞご容赦ください

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい


2600080020 02.jpg

今日は、ジュディの14歳のお誕生日です

あと何日あと何日と、指折り数えてこの日を迎えました

「ジュディありがとう〜

   夏休みに入る前約束した通り14歳を迎えてくれたね」

2600080020.jpg

ママからのプレゼントは

いっぱいご飯食べれるように、フードボウル

ジュディの支えいなってくれたカブにもお揃いでプレゼント

そして恒例のケーキは

2600080020 03.jpg

手前がお姉ちゃん作ジュディ

向こうがママ作ジュディ

三角お目目とダッフィちゃん似の白いお顔と

お鼻の横のイボ・・・似てるでしょ〜

2600080020 04.jpg

ジュジュ喜ぶかなぁ

去年みたいに急ぎすぎてつっかえないかなぁ

全部食べれるかなぁ

こうしてまたケーキを作れることが嬉しい!!

そんな思いで作ったケーキです


2600080020 05.jpg

「おっ」お顔を落としてしまって、びっくりしたジュディ

2600080020 06.jpg

ジュディ14歳おめでとう!

      14歳ありがとう!

ニックネーム teddyjudy at 23:10| Comment(10) | TrackBack(0) | Judy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする